about

すずめやについて

京都にて手製本でノートを作っています。
あじき路地という、町家の連なった細い路地にて
猫とふたりで職住一体のくらしをしています。

紙を一枚ずつ手で折るところから、
じょうぶなノート、大事にしたくなるノートを作っています。
これから物語の始まる本しか扱わない本屋さんです。
なのでみんな、無地のノートです。

ちいさなころの落書きや、急いでいたときのメモなんかを見つけて、ふと頬が緩んだことはありませんか。
あのときああだったな、こうだったなって
そのときにつらいものと一緒でも、すてきなものと一緒でも、あったなあ、って思い返すこと。
そんな肯定をとどけたいのです。

電気仕掛けの機械は使わず、身近な道具や材料で作ります。
やぶって使うと形の壊れる作り方をしています。
しくじったことだって、いいじゃないですか、そんなことも、きっと笑える日がきます。
あなたの日々を、大事にできる本を作りたいです。
ノートはあなたに綴っていただくことで生まれ直して、育っていきます。
どうぞおそばにおいてください。

ちいさくて、いつもそばにいて、さえずっている。
そんな存在でありたく、すずめやと名乗っています。


すずめや 村松佳奈
愛知県豊橋市出身。
京都造形芸術大学 環境デザイン学科卒。
ひき肉、青魚全般、酒、薬味全般、珈琲、発酵食品全般好物です。
インドア派、自炊派、女の子にすぐデレます。
​鴨川で一服することが日課です。
現在京都にて制作活動中。